現代美術の中心としてのロシア

ロシアの芸術家たちは現代美術の創始者としても世界中で有名です

現代美術、contemporary artは、ロシアの前衛美術から始まります。マレーヴィチ、カンディンスキー、タトリン、ロドチェンコ、ヴェルトフなど、 それらの芸術者がなければ、20世紀の西洋美術を想像することは不可能です。出来事、行動、公演への転換 を中心とした1960年代の芸術の革命も、 未来派とオーバーランティスの芸術の文化から "成長"してきました。しかし、鉄のカーテンは、長い間、ロシアのアーティストを世界のプロセスから 切り離してしまった。ソ連崩壊後のロシアの現代美術がどのように発展しているのでしょうか。どこで展示されているのでしょうか。

アンダーグラウンドから国の最大展示会へ

ロシアの現代美術は多くの点で、ソビエト時代のアンダーグラウンドの伝統を継承しています。1960-70年代のモスクワ・コンセプチュアリズムの代表 者の1人であるイリヤ・カバコフの作品で有名な「トータル・インスタレーション」は観察者を共同アパートの世界の型に置きます。スタンド作品はソ 連のコミュニティ生活を不条理原則にしました。例えば、「ハエ」という作品ですが、スタンドにハエがつけられて、その隣に、太字のフォントで「誰 のハエですか?」「これはオリガ・リャシコのハエです。」という不合理な表現が書いてあります。エリク・ブラトフはソーツ・アート派の創立者です。 自分の作品では、ソビエトのスローガンとポストの表現を風景画と都市のスケッチの空間に入れることによって、ソ連のイデオロジの自然への侵入とイ デオロジ自体の非互換性を見せるようにします。ドミトリー・プリゴフの「詩グラム」には雑誌の表紙からの単語や典型的なソ連のフレーズを繰り返す ことによって、そして、シート上の幾何学的配置によって、新しい意味を表すようになりました。アンドレイ・モナスティルスキイの「集団行動」とい うアクションはパフォーマンスアートの代表的な作品です。「郊外への旅」という集団行動アクションでは、参加者が拡大な野原を渡り終わった後、日 付や公式印がついているアクション参加証明書をもらうことになっていました。それとも、森を歩いて、大サイズのバナーを見ます。バナーには「私は 一切文句がありません。この場所の全部が好きです。ただし、私はここに一度も来たことがありません。この場所について何も知りません。」と書かれ てあります。そのようなアートを「モスクワのコンセプチュアル・アート」と言い、第2のロシア・アヴァンギャルドとも呼ばれていました。モスクワの コンセプチュアル・アートに属している芸術者はモダニズムが始まった美学の政治化を続きました。そして、アート形式で色々な実験をしたのですが、 現実のユートピア的なビジョンの変わりには、反ユートピア的な批判の立場からの美術作品を提供することが多かったです。ソ連のイデオロギーが使う表 現を解き明かし、そのイデオロギーや芸術者達の周りの集団生活の無感覚と非人道的さを示したりして、社会で受容されるコミュニケーション方法の非人 間的な性質を克服しようとしたのです。

元はアンダーグラウンドだったモスクワのコンセプチュアル・アートは現在、世界中の美術館で重要な場所を占めているし、ロシア国内の美術館でも 定期的に展示されています。

元はアンダーグラウンドだったモスクワのコンセプチュアル・アートは現在、世界中の美術館で重要な場所を占めているし、ロシア国内の美術館で も定期的に展示されています

アクションとパフォーマンスアート

パフォーマンスアートへの変更はロシアではペレストロイカの終了後に完成しました。その変更というのは、絵画または彫刻などのモノの創作としての芸 術から、特定の場所や時間における、ある個人や集団の「動き」が作品を構成する芸術への変更のことです。その場合は、芸術者の体は材料となり、芸術 者の動きは作品となるのです。その変更の理由が二つです。一つはペレストロイカの終了後、社会主義リアリズムは主導的かつ唯一の国家支援型アートで はなくなったことです。もう一つは、ソ連の芸術者はヨーロッパやアメリカの現代美術に関する情報を簡単に手に入れることができるようになったことで した。未来派や1960年代の欧米のパフォーマンスアートのアイディアを継続している1990年代と2000年代のロシアの芸従者は、芸術のコンセプトを再考 して、どんどん公共の場に出てきて、観客と直接交流するようになりました。北極海航路の観光ツアーは東から西へと西から東へと両方向にできます。 西から東へのツアーはムルマンスク市で開始するに対して、東から西へのツアーはアナディリ市で開始します。

モスクワのアクション・アート派の代表者の一人、オレグ・クリックのアクションの例は「人・犬」です。オレグ・クリックは四つんばいになって、 リードを着けて、外を歩き、吠えたり、騒げ着いたりしていたのです。そのアクションの時は、オレグ・クリックが自発的に観客との最も危険な直接接 触にさらされていました。モスクワのアクション・アート派のリーダー、アレクサンダー・ブレネルは当時ロシア大統領だったエリツィンを赤い広場の ボクシング試合に召喚したアクションで有名です。それに、人気のある詩人のパフォーマンスを引き裂くというアクションをしたりして、他人の芸術の 崩壊を自分の芸術にしたのです。エレナ・コヴィリナなら、裸足で割れたガラスのかけらの上を歩きながら、観客にイクラを食べさせるアクションや観 客を招待してお茶をご馳走して皆テーブルの周りに座って軽い会話を続けているところ、そのテーブルのテーブルかけに火をつけるアクションで有名で す。リーザ・モロゾワは観客を招待して博物館の展示品に麺をぶら下げるアクションや黒い壁でお互いから隔離された2人の親密な手ぶれの経験をしても らって視覚の代わりに触覚だけに頼る「親密な握手」というアクションで有名です。ロシアのアート集団ヴォイナやピョートル・パヴレンスキイのアク ション・アートは政治的行動とパフォーマンスの間にあり、すべての倫理的および審美的禁止規則を問題にしているアートになっています。

もう一つの傾向はポップカルチャーの技やイメージを使ってアクションをする芸術です。例えば、ヴラジスラブ・マミシェフ・モンロは色々なポップカ ルチャーやメディアの登場人物をマネーします。その中、アメリカの女優マリリン・モンローやソ連の女優リュボフ・オルロバからロシアの政治家のバ レンティーナ・マトヴィエンコとウクライナの政治家ユリア・ティモシェンコも含まれています。

2000年以来、ロシアでも、全世界と同様に、パフォーマンスが芸術者自身ではなく、彼が雇ったパフォーマンが彼の指示を守っりながら「行動」を行わ れるという、委託パフォーマンスのジャンルが活発に発展しています。同時に、古典的な演劇も、ミュージカル演劇も、ダンス演劇も、パフォーマンス アートに近づくようになりました。例えば、2010年代にはフセヴォロド・メイエルホリドの演劇センターでは、パフォーマンス・フェスティバルが開催 されていました。または、現代芸術賞の分野で最も重要な賞の1つであるクレヒン賞にノミネートされるのは、劇場の芸術者と現代芸術の代表者両方です。

現在の芸術者は伝統的なビデオアートとオンライン技術の両方などのメディアとの作業に注意をくばります。メディアは「観客と直接交流」に反対するの ではなく、その観客と直接交流を強化して、拡大した現実の本質を探る道具とされています。メディア・アーチストの情報および作品の最も完全なアーカ イブは、「MediaArtLabセンター」の公式ページでご覧できます。

現在の芸術者は伝統的なビデオアートとオンライン技術の両方などのメディアとの作業に注意をくばります。メディアは「観客と直接交流」に反対す るのではなく、その観客と直接交流を強化して、拡大した現実の本質を探る道具とされています

今のロシアの現代美術の代表者を紹介します。

現在でも活動を続けているモスクワのコンセプチュアル・アートの代表者はヴィクトル・ピヴォヴァロフ、ユリイ・アルベルト、ヴァジム・ザハロフ、 イリナ・ナホワです。

1990年代のモスクワのアクション・アート派の創立者の一人だったアナトリイ・オスモロフスキイは「無観客芸術」(すなわち、娯楽と演劇を拒絶し、 あらゆる種類の展示も不要とされている、日常に没頭する芸術のこと)を経て、2000年代からギャラリーアートへと移動してきて、今日は世界中の美術 ギャラリーで展示されています。それに、アナトリイ・オスモロフスキイは「バザ」現代美術大学の校長を務めているのです。

次に紹介するのは、過去30年間のロシアの芸術を想像することは不可能なぐらい偉大な芸術家で美術批評家のドミトリー・グトフです。

もう一人の芸術者はインスタレーションを作っているイリナ・コリナです。ビデオ・アートの代表者はヴィクトル・アリンピエフ、ヤコブ・カジダン、 「シニエ・ノシー」アート集団、「プロヴムィザ」アート集団などです。レオニード・チシコフは超現実的な絵や物を展示します。世界規模で最も有名な アート集団であるAES+Fは予期せぬ特殊効果を通して、理想的な視覚的イメージと欧米社会にとってのタブーされる、または批判されるテーマに関するイ メージを誘発的に融合させるマルチメディア・プロジェクトのシリーズを作成しています。

ハイム・ソコルは芸術を通じて集団記憶とトラウマのテーマを探究しているアーティストです。

では、現代美術はどこで展示されていますか。

もちろん、現代美術の主要な展示会はモスクワやサンクトペテルブルにあります。

モスクワなら、モスクワ近代美術館(MMOMA)とそれに属している多くの会場です。当美術館の展示会は頻繁に更新されています。そして、様々な教育プ ロジェクトなども実施されています。もう一つは 交通が便利なゴルキーパーク公園にある「ガレージ」美術館です。向かい側に、ロシア芸術の主要コレ クションである新トレティアコフ美術館(New Tretyakov Gallery)もあります。それらの近くにある「ムゼオン」公園、モスクワ博物館、ボロトニイ 島に位置している「リュミエル」写真撮影センターと共に、アクセスの便利な文化コースになっています。オストロジェンカ通りにあるマルチメディア・ アート美術館では、主に写真展が開催されていますが、現代美術の展示会もあります。10年以上前に旧工業地帯で開業した「ヴィンザヴォード」現代美術 センターは、現在11のギャラリーがあり、「Artplay」アート・クラスターと合わせて、近代的なアート空間になっています。「ヴィンザヴォード」現代 美術センターは都市空間の根本的な創造的変容の素晴らしい例です。アクセス:モスクワ地下鉄クルスカヤ駅より徒歩。V-A-C基金はモスクワ市内の色々 な会場で現代美術展示会を主催しています。プーシキン美術館や全ロシア博覧センター労働者とコルホーズの女性パビリオンでも現代美術展示会が開催さ れることがあります。ドーム・ゴゴリャ博物館の新館でメディア・アート派の現代美術展示会で、民族劇場の新スペースで展示会やパフォーマンスなどが 開催されています。ソリャンカ・ギャラリーでは展示会も行われたり、パフォーマンス・スクールを開催したりします。ジール文化センターはダンスパフ ォーマンスアートの中心地です。国立現代美術センター(GZCI)はモスクワやロシア全国の町で展示会、講演会、セミナーを開催します。例えば、ニ ジニ・ノヴゴロド、エカテリンブルク、カリーニングラード、トムスク、サマラ、ウラジカヴカズ、サンクトペテルブルクなどが会場になっています。

サンクトペテルブルクの現代美術の中心的な会場はエルミタージュ美術館新館です。それに、サンクトペテルブルクのヴァシリエフスキイ島には、ロシア 現代美術の最大の民間博物館「エラルタ」があります。また、展覧会を定期的に開催するギャラリーには、マリナ・ギシチのギャラリーや「Anna Nova」 ギャラリーがあります。サンクトペテルブルクの東部にはロシアの唯一のストリートアート美術館があります。

現代美術の分野で最も重要な地域プロジェクトは、毎年開催される「ウラル・インダストリアル・ビエンナーレ」です。パブリックアートとランドアート オブジェクトは、カルガ州のアートパーク「ニコラ・レニヴェツ」に展示されています。ここでは、年に2回、「Arhstoyanie」風景アートフェスティバ ルが開催されます。

ヴォロネジ市では、プラトノフ・フェスティバルの時に現代美術展示会が開催されています。ペルミ市のインターナショナル・ディアヒレフ・フェスティ バルの枠組みとして、パフォーマンスや展覧会が開催されています。それに、ペルミ市にはPERMM現代美術館があります。ロシア南部の現代芸術は、ロシ アで最初に開業した民間博物館であるロストフ・ナ・ドヌのドミトロフスカヤ通りにある現代美術館に展示されています。カザン市では、「ジヴォイ・ゴ ーロド」現代美術支援基金や「スメナ」現代文化センターによって、最高のプロジェクトが実施されています。

ロシアの現代芸術の分野で新しい芸術者の名前を発見するには、イノベーション賞とカンディンスキー賞の候補者に注目するのはお勧めです

記事

「ロシアの銀の環」ロシアの北西部のユニークな観光ツアー

ロシア、モスクワ北東近郊にある都市の特徴的なクレムリン(城塞)、修道院、大聖堂、教会を擁する有名な「黄金の環」ツアーのように、ロシアの北西部にある町の名所を楽しむのは「ロシアの銀の環」ツアーです。

音楽のロシア:2018年の夏のもっとも面白い音楽フェスティバルのトップ10

道路、音楽、冒険、数多くの新しい友達との夏。

ロシア北極:夢の旅に行く

北極海航路はロシア西部と極東の最短航路です。

体験ツアーで他国の生活を味わう

エスニックツーリズム、イベント観光、体験型ツーリズムは注目を集めているのは当然です。

珍しいロシア料理

ロシア料理は、ウォッカ、パンケーキ、キャビア、ピロシキ、餃子、ボーリシチなど考える人が多いです。

大勢の友達とのレクリエーションのためのロシアの最高の場所

ロシアを旅行して、忘れられない思い出を作るには、大きなグループで来ることをお勧めします。

「ロシアの銀の環」ロシアの北西部のユニークな観光ツアー

ロシア、モスクワ北東近郊にある都市の特徴的なクレムリン(城塞)、修道院、大聖堂、教会を擁する有名な「黄金の環」ツアーのように、ロシアの北西部にある町の名所を楽しむのは「ロシアの銀の環」ツアーです。

音楽のロシア:2018年の夏のもっとも面白い音楽フェスティバルのトップ10

道路、音楽、冒険、数多くの新しい友達との夏。

ロシア北極:夢の旅に行く

北極海航路はロシア西部と極東の最短航路です。

体験ツアーで他国の生活を味わう

エスニックツーリズム、イベント観光、体験型ツーリズムは注目を集めているのは当然です。

珍しいロシア料理

ロシア料理は、ウォッカ、パンケーキ、キャビア、ピロシキ、餃子、ボーリシチなど考える人が多いです。

大勢の友達とのレクリエーションのためのロシアの最高の場所

ロシアを旅行して、忘れられない思い出を作るには、大きなグループで来ることをお勧めします。

もっと 記事を見る

Russia.Travel

ロシアへ行く!