不滅の連隊

ロシアの旅で忘れられない思い出を作るには、大人数でここを訪れるのがぴったりです

時間と場所: 5月9日、ロシア国内どこでも

ウェブサイト: moypolk.ru

第二次世界大戦中に死亡した人々の記憶を尊重するために、ロシア人は「不滅の連隊」活動に参加しています。参加者は、大祖国戦争 (第2次世界大戦)に参加した親族や近親者の肖像画、旗や花束を持って町の通りを行進するのです。

第二次世界大戦は、ロシアの歴史に消えない跡を残しました。すべての家族に損害を与えてしまったのです。何百万人もの男性が戦いに行 き、女性と子供たちは工場で働き、自分の国と世界に未来があるように、考えられない迫害を受けました。だから、ドイツの降伏の日 であ る5月9日はロシアの重要な祝日として広く祝われています。

ロシアの全家族では子孫の平和な未来のために戦った祖父母を覚えており、感謝を表しているので、「不滅の連隊」活動に参加しています。 「不滅の連隊」活動は初めてシベリアの町のトムスク市で2012年に開催され、その後、毎年ロシアの各地で開催されるようになりました。 子孫は、感謝の気持ちをこめて、大祖国戦争に参加した親族や近親者の肖像画を持っています。行進では、あの戦争で戦ったベテランも参加 して、最前線の仲間の肖像画を持っています。「不滅の連隊」活動はロシアの市民ボランティア運動の一例です。2018年に「不滅の連隊」 活動には1200万人が参加しました。

「不滅の連隊」活動はロシア国内だけではなく、世界の44カ国以上の市民が参加する活動になっています。「不滅の連隊」活動は1945年にソ ビエト軍が捕らえられたナチスの旗をもって赤い広場を進行したあの有名なパレードの後継者である勝利記念日のパレードの一部と見なされます。

「不滅の連隊」活動の参加に関する詳細情報は「不滅の連隊」の公式ホームページにお問合せください。

子孫は、感謝の気持ちをこめて、大祖国戦争に参加した親族や近親者の肖像画を持っています。行進では、あの戦争で戦ったベテランも 参加して、最前線の仲間の肖像画を持っています

イベント

Park live 2018
「ケルソネソスでオペラ」フェスティバル
アジア太平洋諸国の国際映画祭「パシフィック・メリディアン」
クリコヴォの戦いの勝利記念日・ロシアの軍事栄光の日
もっと イベントを見る

Russia.Travel

ロシアへ行く!